• お中元を行う背景とは

    お中元は主に7月中旬ぐらいまでに行われるのが一般的であり、歳末時期に行われるお歳暮と並んで日本の国民性を表していると言えます。

    お中元のことならお任せください。

    日頃お世話になっている方々への感謝の気持ちで贈りものをすることで、相手との相互関係を円滑に継続することが主目的になっているのです。そして贈られた側はそのお返しとして返礼することによって、お返しをするという習わしも当然のこととして奨励されてきました。元々お中元自体は初夏となる7月中旬に行うことが一般的ですが、これは中国の故事で上元・中元・下元の定義に習った風習が日本にも伝わっているのが背景です。

    上元は1月中旬までで下元は10月中旬までとなっており、そのうちの中元が採用されて広まったと言われています。



    時期を合わせることで百貨店やデパートなどでもセールが開催されて多様な商品が取引されるなど、我々の生活に密接に関連していることが挙げられます。実際にお中元を贈る相手の定義はお世話になっている方々となりますが、通常は会社の上司であったり得意先となるケースがほとんどです。



    これは日本人特有のご挨拶であったりしきたりであったりといろいろな背景がありますが、共通して言えることは相手に配慮した作法であるということです。
    諸外国ではあまり見かけない習わしですが、日本では人との関係を円滑に進める為の手段として用いられております。お中元の対応時期が過ぎてしまった場合でも各種お見舞いなどの名目で実施されることが多いのは、そもそもの日本独自の国民性があるから成立すると言えます。