• お中元ってなぜできた

    旧暦で言う7月15日は中元といわれる日です。

    今の日本の風習にはお中元を贈るというものがありますが、これは先ほど述べた中元から来ているものとなっています。
    お中元はいったい何を表しているのかというと、お世話になった人に日頃の感謝を込めて贈る夏のあいさつを示しています。もともとあった祭りとこの日に行われていた先祖の霊を供養する行事が合わさり、発展したものが今の形となっているのです。

    お中元の最新情報を見つけよう。

    ここで一つ豆知識として知っておくといいことがあります。
    それは関西と関東で、その期間が違っているということです。
    時期の違いを簡単に言いますと、西日本は7月の中旬から8月15日がお中元の時期とされており、東日本は7月上旬から7月15日までがその時期とされているのです。



    お中元と間違ってはいけないものがあります。



    それはお歳暮との違いです。


    お歳暮は先ほど述べた時期とは異なっており、11月下旬から12月20日ごろに行われる風習です。

    こちらは日頃お世話になっている人に対して、1年間の締めくくりとして送っているものとなっています。

    時期が異なるため送る品物が異なっていたりなどの違いがあります。お中元の時期が近づいてきますと、お店などにも特設コーナーなどが設置されることが増えてくるため、そういったものを送る時のタイミングとしての目安にするのも一つの手であるとされるものです。商品の内容や値段など、相手のことをしっかり心に浮かべて、想いを伝える気持ちで探すのが1番大事なことです。