ゴキブリ駆除に関する事は

ゴキブリとひと言で表現しても、人類よりもはるかに昔、3億数千年前から存在が確認できるこの昆虫は、今でも地球上に3500種類以上が生息しています。日本ではもっぱら家の中でゴキブリ駆除の話題やその相手として扱われているので、本来どのような役割がある生物なのか、理解していなくても殺虫の対象として最も多く挙げられる昆虫です。種類によって生態が微妙に違う点や、現れて欲しくない場所の環境をどのように変えれば数が減るかなど、ゴキブリ駆除を効果的に行う為には、その生態を理解している事が大切です。まず、家屋内に出現する害虫は大きく分けて3種類、媒介害虫、衛生害虫、不快害虫で、ゴキブリはその衛生害虫と不快害虫の2つの特徴を併せ持っています。

菌やウィルスをつけて移動し、衛生的に環境を悪化させる事と、心理的な不快感を与える事が駆除の対象として特徴的です。通常なら気温が5度以下の冬にはゴキブリの成虫は死滅しますし、体力が無い為産卵の数が少なくなり、増加できません。しかし、気候や住環境の変化、人にとっての快適な環境はゴキブリにとっても越冬や産卵数の増加に有益で、多くのゴキブリが集まる事でフンに含まれる産卵誘発効果がある物質が、集合フェロモンを強化した状態であちこちにこすり付けて移動します。この事で益々盛んに産卵を繰り返す強いゴキブリを誕生させる事になるからです。

ゴキブリ駆除は、生態と環境の関係を理解した上で的確に行う必要があります。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です