ゴキブリ駆除に大切なこと

ゴキブリは1匹いると隠れているものが数十匹いるといわれています。見つけたものを退治しただけでは家の中のゴキブリ駆除にはならず、知らないうちにどんどん増えてしまいます。家中のゴキブリ駆除をするためには巣に隠れているものも退治する必要があります。駆除の方法はいくつかありますが、粘着テープで捕獲するタイプはその時に偶然現れたものにしか効果がないため、これだけを使用したのではすべてを駆除することができません。

燻煙タイプは薬剤の煙が部屋の隅々までいきわたるため、隠れているゴキブリに対しても有効な方法になりますがメスの持っている卵には作用しません。ゴキブリの卵は固い殻に守られており薬剤が浸透しないため、孵化する2、3週間後にもう一度燻煙剤を使用する必要があります。一番ゴキブリ駆除に有効な方法は毒餌タイプになります。ゴキブリは死んだ仲間や糞を食べる習性があるため、毒餌を食べたゴキブリが巣に戻った後に死ぬとそれを仲間が食べることによって巣に隠れていたものにも毒餌の効果が発揮されて退治することができます。

卵を持ったメスが毒餌を食べると卵にも効果があります。ゴキブリは同じ薬剤を何度も使用すると耐性ができ薬が効かなくなったり、同じ場所に毒餌を設置すると記憶して近寄らなくなることもあります。毒餌を使用する場合は近くに餌となる他の食品を置かない、その都度置き場所を変える、薬剤の種類も違うものを使用することが必要です。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です