ねずみの生態をしらないと駆除は難しい

ねずみは病原菌を運ぶ為、駆除しないと病気の原因になることもあります。昔は農村部に多く生息していたのですが、現在は都会で増えています。ケーブルなどを齧ってしまい停電や火災を引き起こすこともあります。ねずみを駆除するために必要なのはエサとなる食物を出しっぱなしにしない事、罠や毒エサなどで駆除する事、そして侵入口を塞ぐことです。

食べ物を出しっぱなしにしないことは比較的簡単にできますが、罠をしかけたり侵入口を塞ぐのはねずみの生態に詳しくないと難しいと言えます。臆病な上に頭が良いので、仲間が罠などにかかるのを見てしまうと同じ罠にはかかりにくくなります。またわずかな隙間からでも侵入してくるので侵入口を探すのも大変です。建物の高層階でも電線や排気口などを伝って部屋に進入してきます。

罠をしかけたり侵入口を探すためにはラットサインを探す必要があります。ラットサインとはねずみの通り道の事で、体の汚れが床や壁につくのでその部分だけ黒ずんで見える場所です。ラットサインのある場所に罠をしかけると捕らえやすくなります。しかし罠にかかったねずみを処理するのはかなり面倒です。

また自分で通り道や侵入口を見つけられないといった場合には駆除業者に依頼した方が良いでしょう。確実に駆除してもらえる上に侵入口を塞いでもらうことができるので、再び現れるのを防ぐことができます。また罠も処理してもらえるので、嫌な思いをせずにすみます。ねずみ駆除のことならこちら

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です