ねずみの生態とねずみ駆除の方法とは

日本には現在27種類のねずみがいるといわれています。その中で住宅の屋根裏などに棲みついて、人間に被害をもたらすねずみは、ドブネズミ、クマネズミ、ハツカネズミの3種類です。ねずみによる被害にはどのようなものがあるかというと、ひとつめはかたいものをかじることによる被害です。ねずみにはかたいものをガリガリとかじる習性があります。

そのため食べ物だけにとどまらず、住宅の基礎や家具、電気の配線までもかじることがあり、特に電気系統の被害としては、電気設備の故障や火災までに発展する恐れもあります。そしてねずみの糞や尿による被害もあります。ねずみの体や巣には、血を吸うダニが繁殖していることがあります。繁殖したダニが室内に侵入し、人間に被害が及ぶこともあるのです。

その他にも菌やウィルスを保有している場合が多く、食中毒の原因をもたらす場合もあります。ねずみが生息する原因としては、エサの有無、巣を作るのに適した環境、巣の材料となるものの有無、活動できる空間が関係してきます。ねずみ駆除の方法としては、捕獲してねずみ駆除を行う方法、薬剤を用いてねずみ駆除を行う方法、ねずみを追い払う方法があります。ねずみを捕獲する方法としては、粘着シートや罠を仕掛けるタイプがあります。

この場合、ねずみを確実に捕獲することができ、衛生的に回収して処理することができます。薬剤を用いるタイプは毒の入った餌を仕掛けます。ねずみがこれを食べることにより駆除ができます。追い払うタイプは、ねずみが嫌がる香りの入った忌避剤を使用し、追い払います。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です