ねずみを駆除する場合の餌について

ねずみは食べ物のある場所に出てきます。飲食店や食べ物がある倉庫などでは頻繁にねずみが現われます。ねずみというとかわいいイメージがあります。例えば、ハムスターはネズミを改良した物としてペットとしても人気がありますが、害虫としてのねずみは色々な問題があります。

まず不潔です。ネズミはそこら辺に糞をしますので、食べ物を扱う環境としてはかなり最悪です。次に、食べ物の被害です。食べ物を保存して置いてもネズミが袋をかじって食べてしまったとすれば、その袋に入っているすべてを廃棄にしなければならないでしょう。

そうだとすれば、何が何でもネズミを駆除するしかありません。ネズミを駆除する方法の1つとして、餌をまいておくことが必要になります。ネズミの通り道をしらべて、その通り道にさりげなくネズミが好みそうな餌を置いておくのです。ですが、すぐにネズミはその餌を食べるわけではありません。

ネズミは警戒心が強い生き物です。餌がない場所に餌が置かれたときに、すぐにはその餌を食べることはしないのです。では、どうしたら駆除をすることができるでしょうか。駆除をするためには、しばらくそこに餌を置いておく必要があります。

まずは1週間様子を見るようにしましょう。もしそれでも食べなければ、餌に少し工夫をしてみるとよいです。例えば、ネズミが実際に穴を開けたのが砂糖の袋であれば、砂糖を少し餌の上に振りかけたり練り込ませることで食べる確率が上がります。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です