ねずみ駆除の方法を知っておこう

ねずみが家の中に出ることがあります。ねずみが出るのはそこにねずみの好物があるからです。ネズミは、一度家に住み着くとなかなかその家から出ようとはしません。その家の家族が多くなった感じです。

ですが、天井裏を走り回ってうるさくなったり、糞などがたまり、不潔になることがあります。そこで、ネズミはやはり駆除した方がいいと言うことになるでしょう。ネズミ駆除をする場合には、業者にお願いをしてもいいですが、自分で駆除する方法もあります。昔は皆自分達で駆除をしたわけですから、素人でもできない訳がありません。

ただ、その時にはしっかりとした知識を身につけておく必要があります。まず、ネズミが活発に動き出す時期を調べておきましょう。ネズミは夏から秋にかけて活発に活動をしますので、その時に餌を仕掛けて置くべきです。次に、餌を置く場所ですが、どこでもいいので餌を置くのではなく、ネズミの動線をつかんでおきましょう。

ネズミが通る道が必ずあります。端っこの方を動くのでそこに餌をしかけて置くべきです。ただし、餌を仕掛けておしまいではありません。ネズミはおそらくその餌をすぐには食べないでしょう。

ネズミは警戒心の強い動物です。餌が動線に置かれるとその餌を警戒して食べようとはしません。餌を仕掛けてから2、3日後に様子を見て、全く餌を食べた後がなくても餌の位置を移動してはいけません。しばらくはその場所に餌を仕掛けて置くことが必要になります。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です