ねずみ駆除に超音波が効く理由

山に生息する小動物ネズミ、これまで山間部の特有の悩みとしてあったネズミ被害が東京の大都市など構造建築物の侵入が多くなっています。ねずみが建物内に入り込むと建物内の騒音被害となったり、ねずみが排出したフン尿から有害なウィルスを媒介と有害な虫が繁殖することになり早急な手立てが必要になります。ねずみ駆除で最も簡単な方法はねずみのいるポイントに餌と餌につける薬で駆除することです。ただその場合ねずみに使う薬は劇薬が多く、薬の使い方を誤ると周辺を汚染しかつ使う側の人間にも健康被害となるため注意しながら使わなければならないです。

そのことから薬を使うのは最終手段として考え、それ以外の対策を考える必要があるのですがその一つの方法として超音波を使うことが推奨されています。超音波とは人間の耳には聞こえない周波数の音で、ガラスや水の表面に当てると音がぶつかった衝撃で震える特性を持っています。なぜねずみ駆除に超音波がいいのか、それはねずみはとても耳の機能が発達した生き物であるためです。ねずみはとても警戒心が強く、自分を狙う生き物から逃げられるように常に耳を周辺の音が聞けるように立っています。

その特性を利用して鼠がいるポイントに超音波を流すことによって、ねずみにとっては人間には聞こえないが大音量の音が常に鳴り響いている状態です。ねずみにとってはその音が鳴り響いている状態は、自身を狙う生き物の音が聴けない安心感を得られないことからその場所から立ち退かせることでねずみ駆除となるのです。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です