様々な方法があるねずみ駆除

夜寝ている時に、天井裏を何かの動物の足音が聞こえてくるという事があります。また、保管している食料品が荒らされるなどの被害が現れた時にはねずみの発生を疑わなくてはなりません。ねずみは一般的な住宅だけでなく、食品を扱う飲食店や倉庫などでも見られるもので、一度建物内で巣を作り、繁殖を始めてしまうと、ものすごいスピードで数を増やしてしまいます。数が増えてからねずみ駆除を行おうとしても、容易ではなくなるため、被害がまだ少ないうちに出来るだけ早くねずみ駆除の対策をとらなくてはなりません。

ねずみ駆除の方法は様々ですが、まず第一に建物内にいるねずみの数を減らすことが大切です。ねずみの数を減らすには、捕獲器や殺鼠剤を使った方法が有効です。捕獲器は、昔ながらの金属でできたものの他、取り扱いが手軽な粘着タイプのものがあります。粘着タイプのものは軽量で厚みも薄いので、様々な場所で使用出来るのが大きなメリットです。

また、殺鼠剤も家の中に設置することで、餌として殺鼠剤を食べたねずみを薬殺することができます。殺鼠剤を使うときには、ペットを飼っている家庭であれば、間違えて食べてしまわないようにしっかりと管理することが大切です。また、殺鼠剤やねずみの種類によっては効き目が薄い場合もあるので、捕獲器を併用する方法がおすすめです。ねずみの数を減らすことに成功したら、再びねずみが寄り付かないように忌避剤を散布しておくと安心です。

また、建物の隙間など、侵入箇所となる部分を塞ぐ対策をとることも忘れてはいけません。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です