ねずみ駆除の対策に困った時には

家の中や飲食店、食品倉庫などにしばしば発生するねずみは、放置しておくと思わぬ被害を受けてしまうことがあります。ねずみが建物に棲みつくと、夜間屋根裏から足音が聞こえたり、糞尿によって悪臭などが発生することがあります。また、これ以外にも食料品を餌として狙われるので、保管してある食品が食い荒らされてしまったり、それによって新たに害虫などの被害を引き起こすこともあります。ねずみは硬いものを齧るという習性を持っており、建物の柱や壁などを齧って傷めてしまう他、電気のコードを齧ってしまい、電化製品を故障させたり、漏電や火災の原因になることもあります。

こうした被害が続く、あるいは悪化しているという時には速やかにねずみ駆除の対策をとらなくてはなりません。建物の中をよく調べると、ねずみの足跡などの痕跡を見つけることができます。そういった痕跡が残されている場所は、ねずみの行動範囲となるので、そこに罠や殺鼠剤を仕掛けるのが有効なねずみ駆除の方法です。しかし、ねずみは警戒心が非常に強いという特徴もあるため、中々罠や殺鼠剤の効果が現れないという事もあります。

従ってねずみ駆除を行なうには、ある程度の期間根気よく続けるという事も念頭に置かなくてはなりません。それでもあまり効果が現れない、被害が悪化しているという時にはプロの業者に駆除を依頼するのも良い方法です。多くの業者では、無料での現地調査や見積に対応しているので、まずは気軽に相談してみるのもおすすめです。ねずみ対策のことならこちら

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です