• 住むエリアで異なるお中元の時期

    • 師走も走る年の暮れにはお歳暮ですが、夏の暑い時期を迎えるとお中元の時期になります。

      口コミで評判のお中元をさらに詳しく調べてみませんか。

      うららかな春も終わりに近づいて、日差しも日に日に強くなると今年は誰に、何を選ぶかと考え始めるのも日本ならではです。



      日頃からお世話になっている方たちにも、親しい方にもギフトとして日頃の感謝を伝えることができます。

      日本全国すべてのエリアでお中元は同じ時期ではなく、少しずれて時期を迎えますから、その点も知っておくとタイミングを逃すことにはなりません。
      爽やかで爽快に過ごせる気候に恵まれた北海道なら、7月中旬から暑さも本番になる8月15日までです。


      7月15日から8月15日は旧盆の期間になりますがこれが一般的、8月16日以降になると北海道では残暑見舞いになります。

      関東や北陸になるとお中元は7月初旬から7月15日、他にも7月15日から8月15日に贈る地区もあるので、自分の住むエリアはいつかを要チェックです。

      残暑見舞い扱いとなるのは8月16日から9月上旬、残暑見舞いを贈る際には8月25日くらいまでには相手方に届くように手配をするようにします。
      8月1から8月15日までがスタンダードなのは九州ですが、関東と比較したら時期はひと月くらい違いますが、住む地域によって異なるため問題はありません。
      最も全国で温度が上昇する沖縄は、旧暦の7月15日までがお中元を贈るベストシーズンです。

      旧暦7月15日はその年で少し違うので、今年はいつなのかを確認します。



  • お中元の重要知識

    • お中元を贈る上での注意すべきポイント

      お中元は現在は形骸化している風潮もありますが、もともとは中国のしきたりがそのルーツとも言われており、3つの元の中で真ん中の半年の無事を祝い祖先の供養をすると言うタイミングから生まれたものと考えられています。そのため、これが祖先の供養からお世話になった人に対する感謝の意味を示すものとされるようになり、日本のお中元のしきたりとなりました。...

  • 難しくないお中元

    • お中元のマナーとギフトの選び方

      日頃からお世話になっている友人や知人、離れて生活をしている両親や親戚の人にお中元を贈っている人が多いです。お中元の贈る時期は関東の場合は7月初旬から中旬、関西の場合は7月中旬から8月初旬までに届くように配慮をしましょう。...

  • お中元の常識・お中元の知識を増やす

    • お中元を行う背景とは

      お中元は主に7月中旬ぐらいまでに行われるのが一般的であり、歳末時期に行われるお歳暮と並んで日本の国民性を表していると言えます。日頃お世話になっている方々への感謝の気持ちで贈りものをすることで、相手との相互関係を円滑に継続することが主目的になっているのです。...

    • お中元ってなぜできた

      旧暦で言う7月15日は中元といわれる日です。今の日本の風習にはお中元を贈るというものがありますが、これは先ほど述べた中元から来ているものとなっています。...